takminの書きっぱなし備忘録 @はてなブログ

主にコンピュータビジョンなど技術について、たまに自分自身のことや思いついたことなど

父のこと

今年の1月14日に父が亡くなり、昨日、百箇日で父のお骨をお墓に納めました。享年78歳でした。
本当はFacebookに報告として書くに留めようかとも思ったのですが、インターネットの片隅に父の記録を残しておきたいと思い、ここに関係者への報告も兼ねて少し父のことを記しておきます。


父の膵臓癌が見つかったのは去年8月。高熱を出して救急車で運ばれ、胆管炎とその原因となった膵頭にできた癌が見つかりました。私も母からメールで伝えられ、大きく動揺したのを覚えてます。父は人一倍健康に気を遣う人だったので、最近少し体力が落ちてきたようだけど、まだまだ大丈夫だろうと考えていました。
それから約5カ月、父は持ち前の前向きさで自分で病気について調べたり、体力を落とさないために歩いたり、最後まで治療をあきらめず、生きようと懸命に努力をしていましたが、最後は自宅であまり苦しまず、気づいたらふっと息を引き取っていました。


お墓は父の実家が遠いこともあり、父の希望で都心にあるコンピュータ制御の機械式納骨堂を探しました。今後子供や孫たちが、海外も含めどこで働くかわからないだろうことを見越し、お墓の管理を簡便にした方が良いだろうという配慮からでした。

 


このように、父は最後まで努力家で、前向きで、先進的で、家族思いな人でした。


父は「子供に教育費の心配はさせない」、「お前たちに財産は残さないが教育は残してやる」が口癖で、実際二人の息子は親不孝にも、そろって私立高校、私立大学、大学院と親の金で進学させてもらいました。また終身雇用当たり前のバブル期に、息子たちに「食いっばぐれないだけの力をつけろ」と教育してきました。僕がリストラされたり、社会人博士に進んだりしながら、今一人で会社やりながらもなんとか食べていけてるのは、間違いなく父の教えの賜物だと思います。

 


父の実家は、元々地元では裕福な家だったのですが、戦後の農地解放で財産を失い、貧乏しながら非常に苦労して大学まで進学しました。
卒業後大手メーカーに就職し、「つぶしが効きそう」的な理由でコンピュータ関係の技術職につき、課長になるまで勤めました。しかし会社の上司とそりが合わなかったり給与の安さが不満で、終身雇用当たり前の時代に大手メーカーを辞め、紆余曲折あってベンチャー企業に転職しました。当時は機械にどんどんコンピュータが入り込んでいた時代で、そのベンチャーでコンピュータ制御を取り入れた工場機械を提案/開発していき、会社を店頭公開にまでもっていきました。この当時の仕事は面白くて仕方なかったそうです。その後仲間と会社を始めるなどしましたが、バブル崩壊など色々あって、最後は今の私と同じように個人会社を経営し、受託業務などをしていました。


そういう父なので、僕がリストラされてベンチャーへ転職したり、ブラック会社を辞めたり、社会人博士に進んでも、会社の規模とか知名度とか、そういうものに惑わされず、いつも僕のキャリアを応援をしてくれてました。


僕には四歳の息子がいますが、その息子と遊びながら、自分も父にこうやって遊んでもらったなあと昔のことを思い出したりします。僕も父を見習って「子供に教育費の心配はさせない」を我が家の家訓にしたいと思っていますが、そう思うほどに父の凄さを思わずにはいられません。

お父さん、本当に今までありがとうございました。お父さんの息子で本当に良かったです。

2019/04/14 コンピュータビジョン勉強会@関東「サーベイ発表会」資料まとめ

本日の「第52回 コンピュータビジョン勉強会@関東」は前回に引き続き株式会社ABEJA様の会場をお借りして、「サーベイ発表会」というテーマで行いました。

今回はテーマがテーマなだけに、あまり発表者が集まらないかな?と思ったのですが、募集を開始したところ、あっという間に発表枠が埋まり、また一つ一つが面白い発表でとてもためになりました。 

 

というわけで例のごとく発表資料などをまとめておきます。

 

コンピュータビジョン勉強会@関東

http://sites.google.com/site/cvsaisentan/

  

開催プログラム

https://kantocv.connpass.com/event/125101/

 

Tweetまとめ

https://togetter.com/li/1337961

 

 

以下で録画を確認できます。

第52回コンピュータビジョン勉強会「サーベイ発表会」#1 - YouTube

第52回コンピュータビジョン勉強会「サーベイ発表会」#2 - YouTube

第52回コンピュータビジョン勉強会「サーベイ発表会」#3 - YouTube

 

発表資料へのリンクです。

範囲 担当者 発表資料
最近の深層学習におけるAttention機構 Hiroshi Fukui

https://speakerdeck.com/fhiro/zui-jin-falseshen-ceng-xue-xi-niokeruattentionji-gou-cvtonlpwozhong-xin-ni

グラフィックデザインへのCV技術の応用

Kotaro Kikuchi

https://speakerdeck.com/ktrk15/gurahuitukudezainhefalsecvji-shu-falseying-yong-at-guan-dong-cvmian-qiang-hui

アノテーション効率化の研究サーベイ

conta

https://www.slideshare.net/takanoriogata1121/190412-annotation-surveycv-140759490

レシピの画像検索

johshisha

https://speakerdeck.com/johshisha/resipifalsehua-xiang-jian-suo

確率モデルを用いた3D点群レジストレーション

neka-nati  

https://docs.google.com/presentation/d/1zlVC7TNLcui29h1VyZxMk2rFXTA_1KlCfefoq6eeYsU

点群再構成に関するサーベイ  peisuke  

https://www.slideshare.net/FujimotoKeisuke/20190414-point-cloud-reconstruction-survey-140757963

 

 

Visual SLAM概観

先日勉強会でVisual SLAMについて発表しましたが、そこではカメラを用いたVisual SLAMについてのみ紹介しただけでした。

takmin.hatenablog.com

 

今回はカメラを用いたものだけでなく、RGB-DセンサーやIMUを用いたVisual SLAMの研究についてもまとめました。

ただ、Visual SLAMの研究はとても膨大なので、紹介する研究の数はかなり絞り込んでいます。そのため、「サーベイ」ではなく「概観」という表現にしています。

 

www.slideshare.net

 

というわけで、今回の調査はなかなかしんどかったです。

 

 

2019/02/27 CV勉強会「コンピュータビジョン -広がる要素技術と応用- 第4章 拡張現実感のためのCV技術」読み会

昨日開催された「第51回 コンピュータビジョン勉強会@関東」は株式会社ABEJA様の会場をお借りして、「コンピュータビジョン -広がる要素技術と応用- 第4章 拡張現実感のためのCV技術」読み会を行いました。

 

コンピュータビジョン -広がる要素技術と応用-

http://amzn.asia/cycftIW

 

例のごとく発表資料などをまとめておきます。

 

コンピュータビジョン勉強会@関東

http://sites.google.com/site/cvsaisentan/

  

開催プログラム

kantocv.connpass.com

 

Tweetまとめ

2019/02/27CV勉強会@関東「拡張現実感のためのコンピュータビジョン技術」ツイートまとめ - Togetter

 

以下で録画を確認できます。ただ、確認したところ私が発表した4.4節は動画が保存されてませんでした。どうもすいません。

第51回CV勉強会@関東 - YouTube

 

発表資料へのリンクです。

範囲 担当者 発表資料
4.1 拡張現実感とは
4.2 カメラ幾何
OZ_C_C https://www.slideshare.net/KyoheiUnno/20190227-51cv
4.3 既知な物体を用いたカメラの位置姿勢算出 tomoaki_teshima  
4.4 未知な環境下におけるカメラの位置姿勢算出 takmin https://www.slideshare.net/takmin/visual-slam-133531611



私の発表分の資料については、こちらにも埋め込んでおきます。

www.slideshare.net